君のおかげで助かっている!印刷に欠かせないプリンターの活用法

使用後のトナーで

使用後のトナーを再生利用することでコストカットにつながります。

現在では電子メールなどの電子媒体が増えてはきていますが、請求書は契約書といった重要な書類は紙媒体が殆どのためコピー機やプリンターは欠かせません。会社の殆どに必ずといっていいほどコピー機やプリンターが置いてあり、消耗品となるトナーが必要です。毎日使用するためトナーの交換は必ず発生しますが、使い終わったトナーを捨ててしまうのはもったいないものです。そんな捨ててしまうトナーを再生利用する事で、通常のトナーを購入するよりも料金がリーズナブルにおさえられます。再生トナーは構造上多少の不具合が発生しますが、通常品が不具合率1%程度に対して再生トナーは1%から3%ほど発生します。ですが気にするほど発生率が高いといわけではなく、価格が10分の1ほどに抑えられるのでとてもお得です。

再生トナーの納品サービスは複数あり、状況に応じてサービスを色々使い分けることができます。

仕事などでよく使うコピー機やプリンターですが、使用していれば必ずトナーがなくなり交換する必要がでてきます。再生トナーの利用方法ですが納品サービスが複数あり、その時の状況に合わせて納品サービスを使い分けることができ便利です。納品サービスの1つとして、再生トナーを作ってくれる企業がもともと持っている在庫品を納品してもらうサービスです。もともと企業がストックしている在庫品を購入するため、最短で当日に納品可能なため急にトナーが必要な時など助かります。他にはリターン品と呼ばれる再生トナーの納品サービスで、使い終わったトナーを企業へ送って再生トナーとして再度納品してもらいます。期間としては1週間から10日ほどかかりますが、会社内に再生トナーのストックを常備しておけば問題なく利用できるサービスです。